Minecraft Dungeonsノーマルクリア後レビュー

2020/05/27

Minecraft Dungeons

t f B! P L
Minecraft Dungeons

こんにちは!当記事は、2020/5/26発売の、【Minecraft Dungeons(マインクラフト ダンジョンズ)】のレビュー記事です。

購入後ぶっ続けでプレイしひとまずノーマルをクリアしたので、その時点でのレビュー。

今後さらにゲームが進んだら、追記しようと思います。

スポンサーリンク

Minecraft Dungeonsとは?

マインクラフトといえば、世界で最も有名と言っても過言ではないサンドボックスゲームです。

Minecraft Dungeons】は、そのマインクラフトの派生作品として作られたゲームです。

ジャンルはなんと、ハック&スラッシュ。ハック&スラッシュといえば、日本ではディアブロシリーズが有名でしょうか。

見下ろし型のアクションゲームで、敵をなぎ倒しながら進み、装備を更新してまたダンジョンに潜る、そんなジャンルです。

マインクラフトを知っている身からすると意外なジャンルです。

その意外性から気になる方も多いと思うので、早速レビューを書いていきます。

世界観

ゲームの最初は、ストーリー説明の動画から始まります。

Minecraft Dungeons ストーリー画像1

仲間はずれにされてしまった村人が、新たな家を求め各地を彷徨っていたが、どこの村でも拒絶されてしまう。

Minecraft Dungeons ストーリー画像2

そんな村人が、ある時力を手にしてしまい、復讐者として世界を滅ぼそうとする。

復讐者に立ち向かう英雄(プレイヤー)という構図です。

マインクラフト自体には、練り込まれた世界観やストーリーがあるというわけではないので、どういうストーリー展開になるか気になるところでしたが、なるほどね!

マインクラフト本編をプレイしていると、一人で村の外に飛び出していたりなぜか海の上に浮かんでいたりする村人がいましたが、ああいう奴が邪悪な村人となってしまったのか、納得。

まあありがちな話で深い世界観、ストーリーというわけではないですが、ハック&スラッシュなのでそんなもんかなと思います。

ゲームの基本システム

ゲームのシステムはかなりシンプルです。

攻撃は近接攻撃遠距離攻撃の2種類のみ。

アーティファクトという、クールダウン付きのアイテムを装備できるスロットが3つ。

つまり基本的な動作は、キャラクターの動きと、5つのボタンで成り立っています。

Minecraft Dungeons 装備画像

装備枠は上記の5つに加え、防具が1スロットで、計6種類。ちょっとシンプルすぎる気がして心配になりますが、今後枠が増えることはあるのでしょうか。

マインクラフト本編と同じ、頭、胴、腰、足の4種類ぐらいあっても良かったような気がします。

近接武器は、様々な種類の武器があり、剣、ツルハシ、ハンマー、双剣等があります。

遠距離武器は弓とクロスボウだけですが、速射のクロスボウがあったり、矢を三発発射する拡散のクロスボウがあったり、特性がついています。

奥深さはエンチャントシステムで

Minecraft Dungeons エンチャント画像

装備品は、近接武器と防具、遠距離武器の三種類だけですが、それらにエンチャントが付きます。

本編にもあったようなアンデット特攻や無限、もちろんマインクラフトダンジョンズだけの新しいエンチャントが多数あります。

このエンチャントは、装備一つにつき3つまでつきますが、完全にランダムで選ばれているようです。

プレイしていると、こういうエンチャントがついてたらいいのになあ、というのが出てきます。

例えば発射レートの高いクロスボウには、無限のエンチャントがほしいなあ、とか、アーティファクトいっぱい使うから、アーティファクト短縮のエンチャント重ならないかなあ、などなど。

つまり、レア度の高いユニークの装備をゲットしたけど、エンチャントが好みのものでないから使えない…という事が起こりえます。

強い装備に理想的なエンチャントが付加できると、装備に明らかなパワーを感じて楽しいです。

Minecraft Dungeons エンチャント画像
(矢を爆発させるアーティファクトと、拡散のエンチャントを組み合わせた例。本来なら矢1本しか爆発しないが、エンチャントで拡散した矢が全て爆裂矢に。威力も高く、派手で楽しい。)

個々の装備品の強さだけではなく、アーティファクトと装備品のシナジーもあります。

このエンチャントシステムが、マインクラフトダンジョンズの奥深さ要素の重要ポイントであると思います。

実際にMinecraft Dungeonsをプレイした感想

実際にノーマルの難易度で一周した感想としては、思ったより面白いです。

発売前でもほとんど情報が出てなくて、若干不安もあったんですがしばらく遊べそう。

まずゲーム全体としては、良くも悪くも超シンプルなハック&スラッシュです。ディアブロみたいなものを想像すると、シンプルすぎて肩透かしをくらうかもしれません。

簡単な操作で、ハック&スラッシュの爽快感あるゲーム展開を楽しめます。

簡単ながら奥深さもしっかりあります。特に、上記で書いたようにエンチャントシステムがなかなかの運ゲーで、理想の装備に巡り合うのはなかなか難しそうです。装備を掘りにダンジョンに向かう面白さはしっかりあります。

簡単すぎる不満もある

簡単と言っていますが、様々なゲームをやり尽くしてきた身からすると、簡単すぎるという不満もあります。

例えば、ゲームを進めていくと鍛冶屋が開放されますが、この鍛冶屋ではゲーム中に集めたお金を使って、ランダムな装備をもらう事ができます。

Minecraft Dungeons 鍛冶屋画像

というか、それしかできません。マインクラフトだったら、例えば素材から武器をクラフトしたり、エンチャント本を拾ってエンチャントを付加したり、という要素があっても良かったのでは?と思います。

しかし、プレイしているとわかりますが、あえて難しくする要素を省いているようです。

低年齢層のプレイヤーをかなり意識しているんだと思います。ただ、大人のゲーマーには不満の一つになりえると思います。

あと、低年齢層向けということで、フレンドとはプレイできますが、野良マッチはありません。インタビューによると、小さい子が知らない人とマッチするのは良くないという理由らしいです。

よって、友達がいない場合は一人っきりでプレイする事になります。

アップデートにも期待

大体10時間ぐらいで、ノーマルの難易度で全ステージを一周できました。

ステージ数はチュートリアルを除いて9つです。ノーマルの難易度でスタートし、次にアドベンチャー、その次にアポカリプスと難易度が続きます。

正直なところ、ステージはもう少し欲しいなあと感じます。マインクラフト本編には、ネザーだったり樹氷だったりメサだったり、もっといろんなバイオームがあるので、ステージを増やす候補はあるはず。

アップデートもしていくということだったので、アップデートにも期待しています。

総評

面白いです。奥深さもあります。ただ、良くも悪くもシンプル。

一番気になるのは、しっかりしたエンドコンテンツがあるか?というところ。

最高の装備を整えても、発揮する場が無いんじゃ面白くありません。まだそこまで到達していないので、到達したら追記しようと思います。

自己紹介


とっぽ
高校で調理師科を卒業し、調理師免許を取得。管理栄養士学科を卒業し、管理栄養士免許・栄養教諭一種免許を取得しました。現在は都内某所の施設に勤務しています!どうぞよろしくお願い致します。

詳細プロフィールはこちら

ブログ アーカイブ

QooQ